ホームステイ成功のコツ@アメリカ

大学2年の夏休みにアメリカに2ヶ月ほどホームステイをしました。夏休みの短期語学研修のツアーに参加した時に体験したホームステイでしたのでツアー会社が全て家庭を割り当ててくれました。その時の家族の割り当て基準は、前もって私が記入した自己紹介文と趣味や大学で勉強していること、将来の夢など細かい質問票に記入した内容を基にして、ホストファミリーたちが、それぞれの紹介文などを読んで興味を持った学生を指名するという形だと聞きました。

私を指名してくれたホストファミリーは、お父さんとお母さん、そして6歳と3歳の男の子の4人家族の家庭でした。お父さんもお母さんもとても明るくて日本という国の文化にとても興味を持っているようで、私がステイ開始した初日から質問攻めでした。

典型的なアメリカンなファミリーで、子供のしつけにも結構厳しかったのですが深い愛情を持って子育てをしている様子には感銘を受けました。子供達はルールをきちんと守って生活をしており、英語のできない私に対しても、冷やかすことなくゆっくりと話してくれる思いやりを持って接してくれました。短期間で本当に仲良くなることができました。

ホームステイの最初の頃は英語での意思疎通がなかなかうまくいかずに少しホームシックになった時もあったのですが今となっては本当に良い思い出です。あの時、一生懸命に英語で家族の皆とコミュニケーションを取ろうと全力でぶつかっていったことで、忍耐力が身についたと思います。

ホームステイで英語力を最大限に伸ばすためにも、どんなに英語での会話がうまくいかなかったとしても絶対に自分の部屋に引きこもらないことが鉄則です。寝るとき以外は、リビングにいるようにして、すこしでもコミュニケーションを取る努力をすることがホームステイで失敗しないコツです。

本当の英語とは??